FC2ブログ

10tk & 100tk

ngo no katudou wo mirutami ni dekaketa mura de ha , ikutu ka no ie wo houmonn shita.

handycap wo motu kodomo to sono kazoku heno care wo surutame no houmonn.
ooku no mazushii kuni deha isha ga inai , chishiki ga naitame shussann-ji ni aka-chann ya hahaoya ga inochi wo otosu.
kono ie mo kyoudai no naka de hitori dake shussann-ji no accident de nou ni shougai ga dekita.

3sai no otokonoko ha jibunn deha tatenai , soshite kaiwa wosuru kotoga dekinai. kono-saki tatukoto ga dekiruno darouka? worker niyotte traininng wo shiteiru ga soreha wakaranai.
okane no kachi wo oshieru tameni sono-ko ni okane wo watasu.(tuuyaku-sha ga)

10tk & 100tk

kinnjyo no kodomo ha sennbou no manazashi.
okane wo watasu koto no imi wo kanngae sugite , jibunn deha sonoyouni watasu kotoha dekinakatta.
101

スポンサーサイト



worst 1 poor country , but ,best 2 happines country!

kono kotae wo sagashite , machi kara mura he to aruite kita.
shinai kara kuruma de 4 jikann no machi ha midori yutaka de nobi-nobi toshiteir
u.

kyou gohann wo taberu koto ga dekitara shiawase .
ashita no koto ha kanngaezu.

koreha yoku mo waruku mo aru.
nihonn de kodomo ga rougo no shinnpai shiteiru nannte honntouni mottainai jinnsei da , to kannjiru.
okane ha sukunaku temo ii egao wo shiteiru.

shikashi, kore ha watashi ga taikenn shita honn no ichibu deshikanai.
uki to kannki , natu to huyu...kisetsu niyotte chiiki niyotte mata
betu no kao wo motu.
tenn-sai ya jinn-sai kougai-monndai,seiji, takusann no monndai ga madamada aru.

ippenn dake wo mite sono kuni no koto wo wakatta youna ki ni natte ha ikenai noda to advice wo shitekureta hito ni kannsha shimasu.

where are you from?

anata ha dokokara kitano?
soshite dokohe mukauno?
watashi ni totte hajimeteno third world.
rouba ga watashi wo semetateru youni tukimatoi kane wo kure to iu.
tui me wo somukete nigeta.
ashita ha me wo awasete [no!] to iou.
soshite kono tabi de sore ijyou no mukiai-kata ga dekiru darouka?
sukoshi zutu sono kuni wo shirou to omou.

出発

行きます、つかの間の旅!

バレンタインのチョコレート

雪の振る街を

大阪は久しぶりの雪です。どんどんどんどん降ってくる。そんな中、関空へ友に会いに行きました。15分の再会。
「おまえはテレビかよっ!」激しいトークとネタの変容は、テレビのチャンネルを気ままに変えるように繰り広げられる。中学時代から変わらず。
ひと月ほどニュージーランドへ羊を数えに行く。楽しんでおいで!

さて、話は変わってバレンタインの話。
この土日で本命チョコ&職場の男性陣への義理チョコを買出しに行く人も多いことでしょう。
想いを託すそのチョコレートはどうやってつくられたのか・どんな想いがこもっているか、考えたことがあるでしょうか?

チョコレートの原料であるカカオ。主に南米でとれるカカオは児童労働がもたらしているものだということを知っていますか?
日本のスーパーで売られている98円の板チョコも、デパートで一粒500円のチョコも、多くは貧しさゆえに教育を受ける機会のないこどもたちが生計をたてるために働いて生産されたものです。
字が読めないこと・計算ができないことで、カカオの買取業者からは安く買い叩かれたり過酷な労働を強いられたりしています。その子どもたちはおそらくチョコレートを一生口にすることはできないでしょう。
しかし、最近一味違うチョコレートが日本の市場にも出始めています。

それはフェアトレ-ド・チョコレート!

フェアトレードとは、カカオ農場で働く生産者が適正な賃金をもらう/取引業者が適正な価格を支払う/輸入し日本の市場で商品を評価し相応の価格で取引をする(日本の消費者が納得し購入してもらえるよう品質を高める商品開発・継続的に商品を流通させ且つ売れる仕組みづくりをつくる)ことをいう。フェア=公正・公平な トレード=貿易 です。

フェアトレード・チョコレートは、児童労働ではなく大人によって生産されます。そしてその家庭の子どもが働かなくてもよいぐらいの賃金を約束します。
こどもが労働から解放されれば遊ぶ時間も勉強する時間もでき、教育を受けられれば、受けられないことによる貧困の悪循環から脱出できます。

私は、寄付のような心持ちで購入したのですが、このチョコレートはかなりウマイ!
乳化剤を使わない・オーガニック製法・チョコの本場スイスの職人が加工していたりと高品質なのだ。
そして種類もコーヒー豆チョコ・シナモンチョコ・フルーツチョコ・ラム酒チョコとたくさんありそれぞれほんまハマる旨さです。フェアトレードショップや高島屋とかで売っています。

去年の私は本命だけど350円のコーヒー豆チョコをあげました。
さて今年はどうかなっ?

裏金のつくりかた

先日、大阪市東住吉区役所内にある選挙管理委員会から、過去19年分の裏金が発覚。約5000万円のうち残金は390万円だった…。
使用目的は、アルバイト代・懇親会費・タクシー代と様々であった。
うーん、一体なんで?これはもしかして大阪市全般で行われていたことなんだろうか?
数日中にそうであればまたニュースに出るだろう。

大阪の新府知事橋下さんの所信表明「府職員は破産状態の会社の従業員であることを厳に認識してください」「給料カットされて士気が下がるという人は辞めてくれ」と。
これはほんま、大阪市も一緒。

選挙にいかん若者はこんなことを知ってもなんも感じなくなっているんやろか?
それがこわいなぁ、と思います。
日本が移民の国になれば、アメリカ大統領選のようなノリノリの選挙が繰り広げられるのだろうか。
若者の耳に届く言葉、それはかっこいい大人から届けられないと説得力がない。
かっこいい大人にならなければ!と戒めつつ行こうと思います。

ダボス会議と阿蘇の湯治

ダボス会議というのをご存知だろうか?
毎年スイスで行われる世界経済フォーラムのことで、日本からは総理大臣やなんやかんやが参加しております。
ところで私、この会議のことを今年初めて知りました。
ニュースでは○○党の党首が参加し…とか私にはあまり関心のない話ばかりが流れる。
そうして今まで聞き流されてきた、というわけ。

この私にダボス会議を耳にとまらせてくれたのが、指揮者・西本智美。
彼女は会議の中で話し合われ現在その活動が広がりをみせている「table for two」について語っていた。
さてテーブル・フォー・トゥーとは?
たとえば今日、お昼にとんかつ定食を食べたそのカロリーは1300。これかなり多いよね、三食+おやつ合わすと成人病まっしぐら!成人病は万病の元ってなわけで、そのテーブルの上の食事は二人分やで!ってこと。
会社は社員のために、ランチにカロリー減の食事メニューをつくってメタボリック社員を抑制し、また浮いた費用から20円を途上国の人々に援助するというもの。

カロリーをシェアする、という新しい発想です。現在日本で実施している企業は数えるほどしか
ありませんが、自治体などの公的機関が牽引していければ、と思います。
リスクもないですしね。

この話を聴いたのは、実は「徹子の部屋」で(しゃべる姿を見ることの少ない芸術家がたくさん出演するレアな番組)なんですが、聞いたときのイメージとしては
社員食堂ではなくて、レストランや旅館で展開するものだと思っていました。
私が以前阿蘇の露天風呂で知り合った女性は、
「旅館の料理は多すぎて残してしまうことが多いから、あらかじめ料理は少なめで値段を下げる交渉している、そうやっていろんなところを夫と旅している今がとても幸せ」だと言っていた。
はだかトークで、いろんな話をしたんだけど。

旅館やレストランの料理も過剰でないものになればいい、と本当に感じます。
量が足りないとおもてなし不足だと思われてしまうってのはあるでしょうが、
社会が変われば、必要なものを必要な分だけ必要な人に ができると思うので
飲食関係者の皆様、ぜひ テーブル・フォー・トゥー を!

one world festival

二月の一週目の土日に大阪で開催される国際協力・交流のお祭りです。
東京ではグローバルフェスタやアースデイなど、イベントはたくさんありますが、関西では一番大きな祭りです。
「国際協力?別に、興味ない」という人でも楽しめます。
民族楽器・ライブ・舞踊もやっていて無料(タダ)だし、いろんな国の料理を文化祭プライスで食べることができます。
ヨルダン、ジャマイカ、カンボジア…もちろんポピュラーなベトナム料理・タイ料理・ケバブも。
食文化から国を知るって、とっても楽しいし、ハマる。
明日はタッパーを持参しておうちの人にも味わってもらうことにしよう。

本日私が参加した講演会は「関西から発信するフェアトレード」。
進行はフェアトレード・サマサマ小吹さん、
フェアトレードショップあいねの店主の原いねこさん・株式会社福市代表(兼オックスファム理事)の高津玉枝さんらがパネリストとして迎えられていた。
私がこのブログを開いたきっかけは、フェアトレードのことを多くの人に知ってもらいたいと思ったからだ。
関われば関わるほど知れば知るほど、ひとに伝えるのが難しくなっていきます。
という具合に私の考えや情報がまとまったら書いていこうと思っていましたが、
知ってもらうのが一番大事なんだよね。「なんか耳にしたことあるけど他人には聴けないなぁ」と私が感じたものをわかり易く伝えていこうと思います。

なのでフェアトレード講座、こうご期待ください。
プロフィール

めぐみうえむら

Author:めぐみうえむら
すみか:逢阪あべの
血液型:B型

大阪(枚方・堺・豊中・阿倍野など)・福岡・広島育ち
旅記録:エジプト・ニュージーランド・バングラデシュネパールへ
大人の修学旅行シリーズ
①「ヒロシマ・ナガサキを巡る」
②「隠れキリシタンは隠れていなかった」
③焼酎の旅
趣味:音楽、スローなものが好き
   :吉本新喜劇
<-- FC2カウンター ここから -->

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント