FC2ブログ

バングラデシュ回顧録 その3 「ダッカを歩く」

uemura 027


日本でタイ航空ダッカ行きのチケットを予約したその当日、逃げるように飛行機に乗った。
そして着いて1時間もすると暑さと人の熱気で、「あたしこの国にきてやっていけるんだろうか…」と不安になりました。情けない。

立っているだけでエネルギーが消耗していく…こんなはずでは。宿もない、急に心細くなり「英語をしゃべるバングラ人の客引きはぼるので要注意」と書いていたにも関わらず疲れ果て、旅のしょっぱなは客引きのおっちゃんのなすがままなのでした。


uemura 026


私が冒した失敗

宿のおっちゃんが「観光案内したる!どこそこならいくらやけど、うちならなんぼで行くで!どこに行きたいんや、言うてみぃ?」と繰り返す繰り返す。
せっかくの宿も気が休まらない。私がガイドブックを見て、この宿を出てどこへ向かうかを考えていたところ、「それ、見せて」と言われ日本のガイドブックを渡したところ、

「空港から市内までタクシーで500TK(タカ)と書いてあるじゃないか!払え!!!」
といい始めた。
宿代とタクシー代込みの値段交渉で何度も確認したのに…(怒)!
おっちゃんは諦めないので、しかも「信じていたのに…」とか言われ(よくやるパターンなんでしょうな)、面倒なので払いました。
ガイドブックには、”タクシーは500TKとぼりますが、その半分で行けます”と記載してあるが日本語が読めるわけでなし、読めてもぼるもんはぼる。

と、いうわけでガイドブックを渡してはならない、が教訓です。


スポンサーサイト



バングラデシュ回顧録 その2

バングラ国旗


回顧録をはじめる前に、まずバングラデシュの基本情報を。

[バングラ基礎知識]
正式名はバングラデシュ人民共和国。首都はダッカ。
南アジアにあるイスラム教徒主体の国。インドの東側に位置し、インド洋に面する。ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。国境のほとんどをインドに接するが、一部ミャンマーと接している。

イギリス植民地支配からインド/パキスタンに支配され、1971年にバングラデシュとして独立。
バングラデシュとは、国民の大部分を占めるベンガル人(バングラ)の国(デシュ)という意味を持つ。

国旗の緑は毎年の洪水によって運ばれる肥沃の土がもたらす豊かな大地の緑と、赤い円は昇りゆく太陽と独立戦争で死んだ者の血を表している。

面積は日本の4割、人口は1億4,049万人。.宗教はイスラム教徒89.7%、ヒンズー教徒9.2%、仏教徒0.7%、キリスト教徒0.3%。

産業は縫製が有名で衣料品や魚介類、エコバッグで目にすることが多くなった麻のジュート製品、革製品が輸出されています。

[バングラと日本の接点]
バングラデシュには仏教遺跡が複数ありますが、残念ながら観光産業はできていません。
理由としては、国が貧しいこと・政府が観光政策をとらないこと、というよりも…

政府に力がありません。
国内の政党内対立により国内情勢悪化し内閣総選挙が延期になっており、未だ日程も決まっていない、今は仮のような状態…。日本で暮らしていると想像しにくいのですが…。

というわけで、日本でいう公共サービスはNGO(ノン・ガバメント・オーガニゼーション=非政府組織)が担っています。学校や保健所、そして銀行やデパートまでもNGOが運営、経営しています。

ODA(政府開発援助=日本が途上国にお金を貸して、そのお金で病院を建てたり道路を作ったりする)が一番出資している国はバングラデシュなのです。そうそう、私たちの税金

私たちはもっと税金の使い道や政治に文句をいったりしてもいいと思うんだけど、若者たちはなんで興味もたないのかしら?
自分たちの暮らしから程遠いからかな?でもメイド・イン・バングラデシュって生活の中にたくさんあるんだよ!
たんすの中の1000円で買ったtシャツ、方やン万円で買ったジノリのプレミア食器だったり。

いろんなバングラを日本の生活とつながってんねんな、と感じていただけるような回顧録をお届けできれば、と思っています。

ではまた次回!

バングラ地図


バングラ国内地図

バングラデシュ回顧録 その1

ダッカ、ショドルガット


バングラデシュでもっとも有名な観光地、ショドルガット。
旅といえばみなさんご存知の「地球の歩き方」。
実はバングラ版、出てないんです。知ってますか?

そもそもバングラデシュがどこにあるのか、どういう国なのか知っている人は少ないと思う。
私が2月に見てきたバングラを紹介し、少しでも興味を持っていただければ、と思い、バングラ回顧録スタートします!

ごぶさたしています。

中国イ族の民族衣装


こんにちは。
久しぶりの日記です。

大阪天神橋のフェアトレードショップaccahの通信をよんでブログを見ていただいた方、
ありがとうございます。
バングラデシュ旅日記まだupされてないやん!!
そのとおり、すみません。
PCが不調だったり、しこたま働いていたりと怠っていました。
次回から写真を載せて少しずつ紹介いたします。

写真は中国少数民族イ族の民族衣装です!
プロフィール

めぐみうえむら

Author:めぐみうえむら
すみか:逢阪あべの
血液型:B型

大阪(枚方・堺・豊中・阿倍野など)・福岡・広島育ち
旅記録:エジプト・ニュージーランド・バングラデシュネパールへ
大人の修学旅行シリーズ
①「ヒロシマ・ナガサキを巡る」
②「隠れキリシタンは隠れていなかった」
③焼酎の旅
趣味:音楽、スローなものが好き
   :吉本新喜劇
<-- FC2カウンター ここから -->

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント