FC2ブログ

卒業旅行-作家三浦綾子の伴侶、三浦光世さんに会う




旭川へ行った目的は
”三浦綾子記念文学館”へいく事!
10年くらい読んでいるだろうか
ずっと行きたかった!
三浦文学を読んで宗教について考えた。
私に必要かどうか…
その頃は私尼さんになろうかなどと本気で想っていた。
必要かどうか、いろいろ迷いもしたけれど自分で解決できる力を 自分で無理な場合は仲間の知恵を借りて進んでいくことが少しずつできるようになって 今のところその必要性は感じない
しかし自分自身が持つとは別に
宗教がある人のほうが世界には多い、日本人は少数派マイノリティなのだ
尊重することは忘れずに。

そして神様の仕業だかなんだかわからないが 今在ることに感謝して生きて行きたいです
スポンサーサイト



comment

Secret

こんにちは♪
文学館でお会いしたものです 覚えてますか?北海道はすっかり雪景色となり 一日中氷点下の毎日です。
私も長年の綾子先生の愛読者ですがクリスチャンではありません。ただ綾子先生の謙虚な信仰心や祈る気持ちのようなものは生活の中で見習いたいと思ってます。思っているだけじゃダメなんですけどね。

Jさん、お久しぶりです

> こんにちは♪
> 文学館でお会いしたものです 覚えてますか?北海道はすっかり雪景色となり 一日中氷点下の毎日です。
> 私も長年の綾子先生の愛読者ですがクリスチャンではありません。ただ綾子先生の謙虚な信仰心や祈る気持ちのようなものは生活の中で見習いたいと思ってます。思っているだけじゃダメなんですけどね。

おぼえていますともJさん、お久しぶりです!
お元気でしょうか?
私は三浦文学から宗教ってなに?と思い立ち、キリスト教をはじめ、いろんな宗教に興味を持つきっかけとなりました。
人生において世襲以外によっぽど過酷な現実がないと、求めないのが今の日本人だと思います。
だから自殺者数やうつ患者が増えているともいえるし、
それだけでみれば、宗教でなくとも健全なコミュニティさえあれば太刀打ちできるものだと
私は思っています。
私はその健全なコミュニティづくりのための仕事を志しているため
宗教なしで、それをつくることができるか?と三浦光世さんに問うたしだいなのです。
宗教に関心の薄い日本人ならば、「さあ、聖書を読みなさい」
という言葉を始まりのきっかけにしてもいいのかもしれませんが
ゾロアスター今日やユダヤ、イスラムの人を同じように誘えるでしょうか?
教えのベクトルが同じならば可能だと思いますが、それは行われないでしょう
だから私は宗教を超えたグローバルな視野と思想で社会作りができるはずだと考えています。
謙虚さや信じる力を見習いたいという気持ちは同感ですv-252
プロフィール

めぐみうえむら

Author:めぐみうえむら
すみか:逢阪あべの
血液型:B型

大阪(枚方・堺・豊中・阿倍野など)・福岡・広島育ち
旅記録:エジプト・ニュージーランド・バングラデシュネパールへ
大人の修学旅行シリーズ
①「ヒロシマ・ナガサキを巡る」
②「隠れキリシタンは隠れていなかった」
③焼酎の旅
趣味:音楽、スローなものが好き
   :吉本新喜劇
<-- FC2カウンター ここから -->

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント