FC2ブログ

バングラデシュ回顧録その8 「村編:お客様へのおもてなし」




バングラは来客があると必ずあまーいチャイとごはん・または軽食・お菓子でおもてなししてくださいます。
このバングラの旅でナビゲートしてくださったハンナンさんは、日本のNGOシャプラニールの現地スタッフを過去されていた方なので、彼の古巣を回る旅でもあった。
そのおかげで、普通のおうちにおよばれし、素敵なディナーをいただくことができた。

おうちの敷地のかまどで火を焚き何を焼いているかと見れば、もち米をひいた粉でつくった蒸しパンケーキみたいなたべもの!とってもおいしい。
特別な日にしか食べられないものでうれしさもひとしお。

夜、真っ暗な中ランプとろうそくとかまどの火の明かりで味わう家人と来客者だけの晩餐。
どきどき。
おうちのみんなはもちろん近所の人たちもなにか始まるのか、と集まり視線は集中される。
子どもたちはいつごはんを食べるのかしら?
客人の後になるのならば、急いで食べて早くおいとましたほうがいいのかしら…。

バングラのご飯を食べる習慣は、朝6時・おやつ・12時おやつ・17時(軽食)・おやつ就寝前(軽いもの)というかんじ。
おやつは、季節のフルーツ(スターフルーツ、バナナなど)・クッキー・ビスケット・チャンナダールというカレー味のスナックなどあります。
軽食は、サモサなどの揚げものや野菜やカレーのお惣菜。
ごはんは、カレー(鶏・マトン・牛)・ごはん・チャパティやビリヤニという肉入りピラフなど)

普通の生活では、カレー・ごはんかチャパティ・一菜くらいかな。質素です。

ごはんのことばかり書いてしまった。ではまた次回!

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

めぐみうえむら

Author:めぐみうえむら
すみか:逢阪あべの
血液型:B型

大阪(枚方・堺・豊中・阿倍野など)・福岡・広島育ち
旅記録:エジプト・ニュージーランド・バングラデシュネパールへ
大人の修学旅行シリーズ
①「ヒロシマ・ナガサキを巡る」
②「隠れキリシタンは隠れていなかった」
③焼酎の旅
趣味:音楽、スローなものが好き
   :吉本新喜劇
<-- FC2カウンター ここから -->

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント