FC2ブログ

綿の実弾けて冬がはじまる

20081119182436
たしか、昨日の朝日新聞に掲載されていた記事

「インド貧民街のこどもたちが自転車でパキスタンへ向けて出発」

とあった。核保有国であるパキスタンへ平和のアプローチとして、被爆地広島の原爆劇を演じるそうだ。

小学校4年~高校3年まで広島で過ごした私はとても興味を惹かれた。

広島の平和教育では、
8月6日の登校日に映画「火垂るの墓」
演劇では「ビルマの竪琴」
音楽の時間は「おりづるの歌」
ゆとりの時間に図書室で「はだしのゲン」や「おこり地蔵」を読んだ。
全校集会はヒバクシャの方から8月6日のヒロシマを聴き想像した。
課外授業、原爆資料館の見学と平和記念公園でのフィールドワーク。
まだその時には、たくさんの語りべがいた。

今のヒロシマのこどもたちは当時の私のように、授業中窓の外をぼんやりみながら 今の飛行機の音、B29だったらどうしよう… とか思ったりするんだろうか?
スポンサーサイト



comment

Secret

綿の実

綿の実きれいだねー。

インドのこどもたち・・・政治的に利用されちゃうのかなぁ。
自国ですりゃあいいのにね。核保有国なんだから。
自転車で行くってところがひどい。
こどもたちは純粋に、平和活動しに行ってるのにね。



めぐちゃん、こんな映画もう知ってるかな。
コルコタの売春宿街で育つ子どもたちのドキュメンタリーだそうです。
「未来を写した子どもたち」
http://www.mirai-kodomo.net/

ちょっと好きそうかな、と思って。
コーヒーの真実、もうDVD化だって。私は12月にせつこさんと見に行きます。
めぐちゃんほど、アクティブになれないかもしれないけど、しっかり観てくるよ~!

そっかインドも核保有国だった…(うーん私ぬけてる)

二つの国が共存するためのアプローチだね。
自転車はインド国内でも広めようということだろう。

しかし、えみちゃんと私のものの捉え方の違いに度々びっくりする。
私は表面的でそのまま受け取ってしまうけど、
世界の政治や経済のしくみなどのバックグラウンドをしっかりわかっている
えみちゃんは、それが意味のあること意義のあることなのか、単なるパフォーマンスなのか
しっかり見極めなきゃ!というアンテナがピンっと立っている。

情報をキャッチしてどう読み取り発信していくかが大事なことなのに、ねえ。
これからまだまだ勉強します!

そして、そろそろブログアドレス公開してよね!まってんのにー(*^_^*)

インド人は強い。

いやいや、そんな大したもんじゃないの・・・
きっとその子どもたちは、貧困層でにいて、知識が制限されてるんちゃうかなぁ。
めぐちゃんが広島で栄養を吸収していたように、ただ純粋に平和活動をしていると思うとせつないね。

にしても、印パ国境越えを自転車はひどい。標高差あるし、いまは寒い。
今日インド人にその話をしたら、一蹴よ。
「India? It must be fake!(インドやろ?作り話やって、どうせ(笑))」だって。

私も、同じ内容を聞いて、そう解釈する人がいることに関心しました。あはは・・・強いな。



明日の取材の話、また聞かせてね☆


プロフィール

めぐみうえむら

Author:めぐみうえむら
すみか:逢阪あべの
血液型:B型

大阪(枚方・堺・豊中・阿倍野など)・福岡・広島育ち
旅記録:エジプト・ニュージーランド・バングラデシュネパールへ
大人の修学旅行シリーズ
①「ヒロシマ・ナガサキを巡る」
②「隠れキリシタンは隠れていなかった」
③焼酎の旅
趣味:音楽、スローなものが好き
   :吉本新喜劇
<-- FC2カウンター ここから -->

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント